肉のテーマパーク「渋谷肉横丁」で代替肉メニュー29品--11月29日より

坂本純子 (編集部)2021年11月29日 14時23分

 代替肉を展開するフードテックベンチャーのネクストミーツと、肉のテーマパーク「渋谷肉横丁」を運営する肉横丁は、11月29日(イイニクの日)から12月31日まで、オリジナルコラボニュー全29品の提供を開始した。

肉のテーマパーク「渋谷肉横丁で11月29日(イイニクの日)から12月31日まで、オリジナルコラボニュー全29品をスタート
肉のテーマパーク「渋谷肉横丁で11月29日(イイニクの日)から12月31日まで、オリジナルコラボニュー全29品をスタート

 渋谷肉横丁は、渋谷センター街のちとせ会館2階〜3階の一角にあり、さまざまな肉料理を展開する28店舗が集まっている。

ターゲットは若者。新たな肉文化を発信していく
ターゲットは若者。新たな肉文化を発信していく

 その中から「居酒屋 革命」「てっぱん」「焼肉まるで」「渋谷肉横丁離れ」らとコラボレーションし、ネクストミーツの植物肉をさまざまなジャンルの料理にアレンジして展開する。

和洋中とさまざまな代替肉メニューがラインアップする
和洋中とさまざまな代替肉メニューがラインアップする

 中でも、29品中11品を担当するのが居酒屋 革命だ。餃子や三色丼、麻婆豆腐や青椒肉絲、ミートソーススパゲティなど、和洋中のメニューを展開する。担当シェフは、「女性からの支持が得られるような商品開発・メニュー開発をした」と説明する。

 このほかにもナゲット、NEXT生姜焼き、ヤムウンセン〜春雨サラダ〜など、があり、幅広いジャンルがそろっている。

 渋谷肉横丁 代表取締役の久保光氏は、「若者のSDGsの理解は低いが、新たな文化を渋谷から発信していきたい」とコメント。

 また、ネクストミーツ 代表取締役の佐々木英之氏も「代替肉を食べたことない方もたくさんいて、流行が生まれる渋谷の町で、接点を少しでも多く置きたいと取り組みを始めた。肉好きが集まるところでおいしいと言ってもらいたい。(代替肉と肉は)ちょっと考えると反対のように見えるが、敵対しているわけではなく、お肉と一緒に融合しながら地球をつくっていきたい」とし、サステナビリティを一緒に考えたいとした。

ネクストミーツ 代表取締役の佐々木英之氏(左)と渋谷肉横丁 代表取締役の久保光氏(右)
ネクストミーツ 代表取締役の佐々木英之氏(左)と渋谷肉横丁 代表取締役の久保光氏(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]