シンガポール発のFlash Coffee、12月4日に日本初上陸--アプリでカスタムオーダー

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テクノロジーを駆使したシンガポール発のコーヒーチェーン「Flash Coffee」を展開するFlash Coffeeは、12月4日に日本1号店となる「FLASH COFFEE 表参道」をオープンする。

キャプション

 Flash Coffeeは、専用アプリを通じて高品質のドリンクを注文できるグローバルコーヒーチェーン。シンガポール、インドネシア、タイ、台湾、香港、韓国を中心に200以上の店舗がある。

 同社によると、ライフスタイルの多様化に対応するため、「ニューノーマル」のニーズに合わせてドリンクを提供。専用アプリでは、注文やカスタマイズ、支払いに対応するほか、ロイヤリティプログラム(チャレンジなど)によって特典なども得られるという。価格は、Sサイズのエスプレッソが250円から。

キャプション

 なお、ドリンクメニューは、ラテアートチャンピオンのアーノン・ティティプラサート氏が監修した。高品質のコーヒー豆(アラビカ種)を100%使用しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]