「PlayStation 5」、ますます入手困難になる可能性

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月12日 06時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 5(PS5)」は1年前の発売以来、入手しにくい状況が続いていたが、今後数カ月のうちにさらに入手困難になる可能性がある。ソニーは物流や部品供給の制約を理由にPS5の生産目標を引き下げたと、Bloombergが複数の匿名情報筋の話として報じている。

PlayStation 5
提供:Andrew Hoyle/CNET

 Bloombergによると、ソニーは当初、2021年度(2022年3月締め)の生産目標を1600万台以上としていたが、それを約1500万台に引き下げたという。PS5は7月に世界販売台数が1000万台を超え、2013年発売のPS4よりも早いペースでその大台を達成していた。

 年末商戦を前に生産の問題を抱えているゲーム企業は、ソニーだけではない。Valveは11月11日、携帯型ゲーム機「Steam Deck」の発売延期を発表し、任天堂は先週、「Nintendo Switch」の2021年度の販売台数予測を6%下方修正した。

 ソニーはコメントの依頼にすぐには回答しなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]