社内外を問わず簡単に日程調整ができる「トヨクモ スケジューラー」--10ユーザーまで無料

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨクモは11月11日、社内・社外を問わず日程調整ができるスケジューラー「トヨクモ スケジューラー」の提供を開始した。iOS専用アプリの提供も予定しており、リリース後1週間程度で公開する予定。初期費用は無料。料金は1ユーザーあたり月額200円。10ユーザーまでは無料(期間は無制限)で利用できる「フリープラン」も用意する。

キャプション

 このサービスは、メンバーと施設の空き時間といった情報を、社外の人にも共有できる「日程調整ページ」を特徴とするスケジューラー。従来のスケジューラーは、社内での日程調整は簡単にできる反面、社外の人との調整は何度も連絡をとる必要があったと指摘。また、会議室などの施設予約においても、重複を防ぐために仮予約が必要になるため、施設の有効活用にも問題が生じていたと説明する。

 トヨクモ スケジューラーでは、情報を共有したい社外の人に対して日程調整ページにアクセスしてもらうことで、社外の人による日程の追加が可能となる。なお、社外の人からは、予定のタイトルや参加メンバーなどの詳細情報については見られないようになっている。

 
 

 また、メンバーや施設、時間帯など、さまざまな条件を組み合わせながら日程調整ページが設定可能。たとえば、営業活動のために自分の予定のみを設定した日程調整ページや、面接のための人材(自分と上長など)と会議室をセットにした日程調整ページなどといった利用を想定する。

 スケジュール管理については、予定が予定タイプごとに色分けられ、表示するメンバーも自由に選択できる。リマインド機能を搭載したTODOリストにより、抜け漏れ防止も可能。さらに、空き時間ビューでは、メンバーと施設の空き時間をまとめて見ることができる。

 サイボウズのクラウドサービス「cybozu.com」に登録していれば、簡単に情報を取り込むことが可能。「kintone」とも連携でき、登録された会社名や電話番号、住所などの引用に対応する。予定メニューの種類によって、連携させるkintoneの選択も可能。このほか、「Google Meet」との連携により、予定を追加する際にワンクリックで接続URLが作成できる。今後、「Zoom」や「Microsoft Teams」とも連携する予定。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]