Visa LINE Payプリペイドカード、VisaブランドでもApple Payに対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE Payは11月9日、三井住友カードと同社が共同で発行しているバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が、VisaブランドでもApple Payに対応したと発表した。この対応により、同じWallet内のSuicaやPASMOにチャージできるようになるほか、タッチ決済(NFC決済)対応の加盟店でも利用可能となる。

iDとVisaの非接触決済の2つに対応
iDとVisaの非接触決済の2つに対応

 Visa LINE Payプリペイドカードは、同じく非接触決済の「iD」に対応しているが、VisaブランドでもApple Payに対応。これにより、iPhoneやApple Watchを使ってのタッチ決済や対応Visa加盟店での非接触決済が可能になる。なお、物理カードは発行されないバーチャルカードで、従来のリーダーに通す方式での決済には対応しない。

 Apple Payへの追加は「LINE」から可能。手順などは専用サイトで確認できる。

 Visa LINE Payプリペイドカードは、クレジットカードと異なり、事前のチャージが必要。未成年者も親権者などの同意を得れば利用できる。年会費や発行手数料は無料。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]