ニューヨークの次期市長、最初3回分の給与をビットコインで受け取ると表明

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月05日 09時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク市の次期市長に当選したEric Adams氏は米国時間11月4日、市長としての最初3回分の給与をビットコインで受け取ることを、マイアミ市長のツイートへの返信で表明した。

Eric Adams氏
Eric Adams氏
提供:Pablo Monsalve/Getty Images

 同氏はさらに「ニューヨーク市は、仮想通貨をはじめとする成長著しい革新的産業の中心になる。待っていてほしい」と続けた。

 ニューヨーク市を含む米国の規制当局が仮想通貨取引に対する監視を強化する中で、同市が仮想通貨を推進していることは、高い注目を集めている。ニューヨーク州のLetitia James司法長官は10月、仮想通貨取引所Coinseedの閉鎖を強制する裁判所命令を勝ち取った後、仮想通貨融資プラットフォーム2社に活動停止を要請した。

 それでもビットコインは、ニューヨーク市で成長する可能性がある。資産運用会社ProSharesは10月19日、ビットコインの先物価格に連動する上場投資信託「Bitcoin Strategy ETF」のニューヨーク証券取引所での取引を開始している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]