電動歯ブラシの普及率は22%--フィリップス、乾電池式「Philips One」などエントリーモデルを強化 - (page 2)

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2021年11月05日 18時21分

手軽にできる歯間ケア「ソニッケアーパワーフロッサーシリーズ」

 ソニッケアーパワーフロッサーシリーズは、高圧洗浄デッキクリーナーからヒントを得たX型水流を採用した歯間ケア製品。

 X型の4方向に広がる水流が歯間や歯と歯ぐきの間の汚れを除去でき、磨きにくい部分や矯正器具の歯垢や汚れも除去可能。

据え置き型とコードレスの2種類がラインアップ
据え置き型とコードレスの2種類がラインアップ

 充電式のソニッケアーコードレスパワーフロッサー 3000は、1分間標準水圧がかかる「クリーンモード」と、1分半で一定間隔の強弱をつけた水圧がかかり歯間移動ガイドがある「ディープクリーンモード」の2つのモードを搭載。水圧は3段階で変更できる。

 充電時間は、約8時間。使用時間は、約3週間(1日1回1分間使用した場合)。タンク容量は、約250ml

ソニッケアーコードレスパワーフロッサー 3000
ソニッケアーコードレスパワーフロッサー 3000

 アダプター式のソニッケアーパワーフロッサー 3000は、ソニッケアーコードレスパワーフロッサー 3000と同様に「クリーンモード」と「ディープクリーンモード」の2つのモードを搭載。強さはダイヤル式で10段階から調節可能。

X型の水流がソニッケアーのこだわり
X型の水流がソニッケアーのこだわり

 同社によると、ソニッケアーパワーフロッサー 3000ではデンタルフロスの最大3倍を除去し(強さ8でカドストリームノズル使用し手磨きと併用時)、同社製の電動歯ブラシ(プレミアムクリーンブラシを付けたソニッケアー電動歯ブラシと併用時)と併用で、最大9倍の歯間の歯垢を除去できるという。タンク容量は、550ml。

 なお、ソニッケアーパワーフロッサーシリーズの共通替ノズル(スタンダードノズル、カドストリームノズル)は2022年2月発売予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]