経済産業省内のファミリーマートが商品陳列ロボットを導入--飲料の陳列を自動化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省は11月2日、ファミリーマートとTelexistenceが、省内のファミリーマート店舗において、バックヤードで飲料商品を陳列するロボットを導入したと発表した。

キャプション

 経済産業省では、ロボットを導入し易い環境、いわゆる「ロボットフレンドリー(ロボフレ)」を実現するため、2019年に「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」を設置。必要な取り組みを順次進めている。

 対象分野の一つである小売分野においては、店舗内における商品陳列、在庫管理、決済の自動化を実現することにフォーカスしているという。

 今回の省内ファミリーマート店舗におけるバックヤードでのロボット導入は、そうした先行的取組の一つになる。商品陳列業務を自動化することで、店舗業務の自動化やスタッフ業務の効率化につながるものと期待する。

キャプション

 なお、ファミリーマートとTelexistenceは、ロボット実装モデル構築推進タスクフォースの参加事業者となっている。今回の取り組みでは、Telexistenceの独自AIシステム「Gordon」を搭載した新型ロボット「TX SCARA」が採用されている。

 経済産業省は今後、ロボット実装モデル構築推進タスクフォースの関係者と成果を共有し、飲料以外にも多くの商品陳列に応用できるように対応を進めていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]