ジャスト、日本語入力システム「ATOK Passport」がiOSに対応--2022年2月から値上げも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは11月1日、常に最新の「ATOK」を使える定額サービス「ATOK Passport [プレミアム]」向けに、iOS/iPadOSに対応した「ATOK for iOS[Professional]」の提供を開始すると発表した。

キャプション

 これにより、「ATOK Passport [プレミアム]」では、主要な4つのOS(Windows、macOS、Android、iOS)に対応することになる。

 サブスクリプションサービス「ATOK Passport」は、日本語入力システム「ATOK」を常に最新の状態で利用できる個人向けサービス。10台までのPC・モバイル端末(Windows、Mac、Android)で利用可能なほか、導入したPC・モバイル端末間での情報(ユーザー辞書など)の同期に対応するのが特徴。

 月額税込550円(年額税込6600円)のプレミアムプラン「ATOK Passport [プレミアム]」と、月額税込330円のベーシックプラン「ATOK Passport [ベーシック]」という2つのプランが用意されている。

 今回、iOS/iPadOSに対応する「ATOK for iOS[Professional]」は、プレミアムプランの「ATOK Passport [プレミアム]」にて提供される。動作環境は、iOS 15/14/13、iPadOS 15/14/13。

 テンキーとして、「フリック入力」「フラワータッチ入力」「ケータイ入力」の3つを備え、大画面の機種でも片手で指が届くよう、キーボードのサイズや配置のカスタマイズが可能。

 また、今までiPhone/iPadで登録した「ユーザー辞書」「連絡先」がそのまま引き継げ、学習した入力環境をスムーズに移行できる。

 このほか、入力を進めるたびに適切な候補を優先提示する「推測変換」、打ち違えを分析して自然な日本語へと変換する「自動補正」、言葉や慣用句などの間違いを指摘する訂正候補の提示といた機能を備えた。

 加えて、オリジナル機能として、間違えて確定した場合の再変換が行える「確定アンドゥ」を搭載したほか、細やかな操作が難しいカーソル移動やペーストに対する操作性の向上などが図られている。

 同社によると、「ATOK Passport [プレミアム]」では、2022年2月1日から料金を変更。月額税込660円/年額税込7920円に増額するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]