新「MacBook Pro」をiFixitが分解--修理しやすさは「正しい方向」へ一歩前進

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年11月01日 10時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 修理専門サイトiFixitの分解レポートによると、Appleの自社製チップ「M1」を搭載した新型「MacBook Pro」は、2019年のモデルと比べて「内部空間をより有効に活用している」という。修理のしやすさに関しては、改善の余地があるとしている。

MacBook Pro
提供:iFixit

 「AppleのM1シリコンはさまざまな面で業界をけん引しているのに、修理のしやすさがさほど速く進歩していないのは残念だ。それでも、この設計は正しい方向への大きな一歩を示している」とiFixitは述べた。バッテリーを交換する作業は、難易度がわずかに下がったという。

 2019年に発売された「Touch Bar」搭載の15インチMacBook Proと比較すると、新型モデルは「頑丈そうに見える冷却ユニットを犠牲にすることなく、ちょうどいい隙間に」スピーカーとバッテリーを詰め込んでいる。キーボード面の右上にある電源ボタンの交換も、それほど頭を悩ませることはなさそうだ。

 ただし、電源ボタン以外のキーボードは、「交換するには問題がある」という。

 修理を面倒にしている別の要因として、「ストレージがはんだ付けされていて取り外せない」ことも指摘されている。

 iFixitは新型MacBook Proの修理容易性スコアを10点満点中4点と評価した(10が最も修理しやすい)。

 19ドル(日本では税込1980円)の「ポリッシングクロス」については、iFixitはこれを見て(冗談交じりに)「それ自体がきれいにされる価値のある美しいオブジェ」と評したものの、すぐにわれに返って「20ドルの価値はどこへ行ったのか」と疑問を呈した。

ポリッシングクロス
提供:iFixit

 「新しいポリッシングクロスは、われわれの修理容易性スコアで10点満点中0点だ。というのも、非常に重要なMacBook Proの分解作業からわれわれの注意をそらすことになったし、ハサミで切り刻んだところ元に戻らなかったからだ」(iFixit)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]