ブラウザで編集できる「Photoshop」と「Illustrator」登場--コロナ禍でもコラボしやすく

藤代格 (編集部)2021年10月26日 22時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは10月26日、オンラインイベント「Adobe MAX 2021」の開催にあわせ、同社が提供する製品のさまざまなアップデートを発表した。

Adobe MAX 2021では、9人の著名人をはじめとする多くの日本人が登壇
Adobe MAX 2021では、9人の著名人をはじめとする多くの日本人が登壇

ウェブブラウザから活用できる「Creative Cloud Web」

 「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」などを含むクリエイティブツール群「Adobe Creative Cloud」では、ウェブブラウザから活用できる「Creative Cloud Web」のベータ版を提供する。

 Creative Cloud Webは、「Photoshop web版」「Illustrator web版」「Creative Cloud スペース」「Creative Cloud カンバス」で構成する。

 PhotoshopとIllustratorのweb版はいずれもベータ版の位置付けで、共有や閲覧、レビュー、簡単な編集などがウェブブラウザから可能。アプリのダウンロードや起動不要で、基本的な編集はできるという。デスクトップ版、iPad版双方のワークフローも作品の共有、コメントの依頼ができるよう強化した。レビューアーが作品を開いてから、確認、フィードバックするまでのすべてがブラウザだけで完結できる。

Photoshop/Illustrator web版の概要
Photoshop/Illustrator web版の概要

 Creative Cloud スペースは、メンバーにシームレスなコラボレーションを提供するというデジタルスペース。関連するすべての素材や資料を1カ所で共有できる。

 Creative Cloud カンバスは、クリエイティブのレイアウト、ビジュアライゼーション、デザインレビューなどが可能な共有ステージ。リアルタイムに動作し、ウェブブラウザだけで完結する。Creative Cloud スペース、Creative Cloud カンバスはいずれも招待性のプライベートベータ版として提供する。

Creative Cloud スペース/カンバスの概要
Creative Cloud スペース/カンバスの概要

 Creative Cloud自体にも、よく使うアセット(素材)にいつでもアクセスできる「Creative Clouライブラリ」、ライブラリーにスタイルガイドを構築できる「グループのネスト化」や、バージョン管理などの機能を追加した。

Creative Cloudの新機能
Creative Cloudの新機能

 アドビでAdobe Creative Cloud エバンジェリストを務める仲尾毅氏は、一連のアップデートの意図を、「1年以上にわたるテレワークから、コラボレーションの重要性を感じている。また、協調的ワークフローの実現にはウェブが不可欠だ。」と説明、地域やタイムゾーンをまたぐ分散型チームのための、ハイブリッド型のワークフローをサポートするツールの必要性を語る。「Creative Cloudを、クリエイティビティ(の作成)だけにとどまらず、コラボレーションできるツールとして進化させる」(仲尾氏)

Adobe Creative Cloud エバンジェリストの仲尾氏
Adobe Creative Cloud エバンジェリストの仲尾氏

 そのほか、Photoshop/IllustratorのデスクトップやiPad版、ドローイングアプリ「Adobe Fresco」、写真編集アプリ「Adobe Lightroom」、AI技術「Adobe Sensei」など、さまざまな機能強化を発表した。

キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]