Volocopter、大阪で2023年にもeVTOL空中タクシーの公開試験飛行を実施へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volocopterは、大阪で早ければ2023年に、空中タクシーサービス向け垂直離着陸可能な電動マルチコプター(eVTOL)の試験飛行を公開すると発表した。

2023年に大阪で試験飛行を公開(出典:Volocopter)
2023年に大阪で試験飛行を公開(出典:Volocopter)

 大阪では、空中タクシーサービスの実現に向け、各種団体や企業などが「大阪ラウンドテーブル」を組織して検討中。Volocopterは、10月1日に大阪ラウンドテーブルへ加わり、人間を輸送可能なマルチコプターによる都市部向け空中タクシーサービス(Urban Air Mobility:UAM)提供を目指している。

 Volocopterは日本航空(JAL)とも提携し、2025年開催予定の大阪・関西万博に合わせてeVTOLを飛ばす計画だ。

 なお、JALはVolocopterの荷物運搬用eVTOL「VoloDrone」と都市部の短距離移動を想定した航続距離35kmほどの2人乗り機体「VoloCity」を100機導入する予定。

JALが導入するVoloCity(出典:Volocopter)
JALが導入するVoloCity(出典:Volocopter)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]