JAL、2025年の大阪万博に向けて「空飛ぶクルマ」の検証を開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)は10月21日、同社が2025年の大阪・関西万博でエアタクシーなどの事業開始を目指すにあたり、11月より実運用を想定したヘリコプターによる検証を開始すると発表した。

空飛ぶクルマが飛行する予定の大阪上空(イメージ)
空飛ぶクルマが飛行する予定の大阪上空(イメージ)

 JALは大阪府が行う「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」プロジェクトに採択されており、2025年の大阪・関西万博では、「空飛ぶクルマ」ことeVTOL(電動垂直離着陸型無操縦者航空機)を利用した会場の夢洲周辺の遊覧飛行や、会場と関西国際空港などを結ぶエアタクシーサービスを計画している。

 11月に行われるヘリコプターによる検証では、万博会場の大阪市夢洲上空を飛行し、飛行環境や地上設備に関する制約の調査を実施する。これにより、多様な機体が共存できる運航環境の構築に繋げるとしている。

 また、2022年2月には、空飛ぶクルマの社会実装にむけた「大阪ラウンドテーブル」にJALと同じく参画しているドイツの航空機メーカー「Volocopter」と共同で、大阪上空でのヘリコプターによる飛行風景と、空飛ぶクルマの機内風景を組み合わせたバーチャルフライトでのデモを全国の自治体担当者などに向けて行う。

VolocopterのeVTOL機「VoloCity」
VolocopterのeVTOL機「VoloCity」

 なお、エアモビリティのスタートアップであるSkyDriveも、大阪万博に向けた空飛ぶクルマの実現を目指して、9月に大阪府・大阪市と連携協定を締結している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]