「Raspberry Pi 4」、初の値上げ--世界的な半導体不足で

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月22日 11時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英Raspberry Pi財団は、世界的な半導体不足により、RAM容量2GBの「Raspberry Pi 4」の価格を10ドル(約1140円)値上げした

 今回の値上げは一時的なものだが、新型コロナのパンデミックが始まって以来、チップのサプライチェーンがどれほど変化したかを示す新たな例だ。Raspberry Pi財団は、2020年2月に2GBのRaspberry Pi 4の価格を10ドル値下げして35ドル(約4000円)にしたが、現地時間10月21日をもって価格を45ドル(約5140円)に戻す。

 半導体の供給不足により、当然ながら、Raspberry Piの生産にもブレーキがかかっている。代表のEben Upton氏によると、2021年の生産台数は、2020年とほぼ同じ700万台にとどまるという。パンデミック第1波のロックダウンで売り上げが伸びたこともあって、2020年はそれまでで最良の年でもあった。

 2GBのRaspberry Pi 4を初めて値上げしたことにより、Raspberry Pi財団は、1GBのRaspberry Pi 4も35ドルで提供を再開する。同財団は、2GBモデルを値下げした際に1GBモデルの販売を中止していた。Upton氏によれば、1GBモデルの復活は、製品に2GBモデルを採用している業界の顧客を支援するためだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]