リデンや農水省が取り組むフードテックと目指す姿--「CNET Japan FoodTech Festival 2021」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日インタラクティブは、10月25日よりイベント「CNET Japan FoodTech Festival 2021」を主催する。「フードテックで変わる食のエコシステム~生産から消費まで~」をテーマに、10月25日、26日、27日、28日、29日の5日間にわたって、オンラインで開催する。受講料は無料、ウェブサイトから申し込める。

10月25日、26日、27日、28日、29日の5日間にわたり、オンラインで開催
10月25日、26日、27日、28日、29日の5日間にわたり、オンラインで開催

 初日となる10月25日は、「レシピ提案アプリ『うちレピ』が目指すフードテックイノベーション」をテーマに、サッポロホールディングスが登壇する。ほか、10月26日は、植物肉を展開するグリーンカルチャーほか、ウミトロンとウニノミクスの2社に水産養殖の現状と未来について、パネルディスカッションで話を聞く。

 10月27日は、AIやIoTを活用して、家畜の成長に最適な飼料配合のシステムやコンサルティングなどを展開するコーンテック、調理・業務ロボットなどを展開するTechMagicが登壇予定だ。

 また、10月28日は農業プラットフォーム「アグミル」を展開するリデンが「農家さんのチャットから始まるアグリフードエコシステム(仮)」と題し、リデン 代表取締役の上原郁磨氏が登壇予定だ。ほか、「世界で加速するフードテックの世界 / 投資先解説」をテーマに、スペックホルダー 代表取締役社長 農林水産省 農林水産研究所 客員研究員の大野泰敬氏が講演する。

 10月29日は献立提案サービスを提供しているニチレイとミーニューが「献立作成のお悩み解決が生み出す3つのこと」をテーマに、食品企業とベンチャー企業の挑戦について紹介する。

 講演の最後を飾るのは、農林水産省 大臣官房 新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課 課長補佐の井戸萌愛氏だ。7月1日に新事業・食品産業部が新たに設置された農林水産省では、フードテックの創出・育成といった新事業の創出に取り組んでいる。フードテック官民協議会では、会員との意見交換を通じて、協調領域の課題解決と新市場の開拓に向けた、具体的な議論や活動を実施。農林水産省におけるフードテックに関する取組と目指す姿を紹介予定だ。

事前登録制、参加は無料【お申し込みはこちら】

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]