「iPhone」受託生産のFoxconn、EVのプロトタイプ3車種を発表

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月19日 12時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」の受託生産で知られる台湾の鴻海科技集団(Foxconn)は現地時間10月18日、SUV、フラグシップとなるセダン、およびバスの3種類の電気自動車(EV)のプロトタイプを発表した。

 SUVの「Model C」では、開発にあたって同社の新しいオープンプラットフォームを採用する。ホイールベースは2.86m、全長は4.64mで、7人乗りで空気抵抗係数は0.27を誇る。Model Cでは広く豪華な車内スペースを提供するが、都市での生活を考慮して床面積はコンパクトに抑える。このモデルでは1回の充電で約700km走行でき、3.8秒で時速100kmまで加速できる。

Model C
提供:Foxconn

 セダンの「Model E」は、イタリアの有名デザイン企業Pininfarinaを迎えての開発だ。PininfarinaはFerrariと長年の提携関係にあることが知られているが、Foxconnとは「フラグシップ」という言葉にふさわしいセダンのデザインを手がけた。

Model E
提供:Foxconn

 モバイルデバイスがModel Eとシームレスに連携し、顔認証によるドアの開錠や「スマートウィンドウ」などを実現する。1回の充電で走行できる距離は約750km、2.8秒で時速100kmまで加速でき、最奥出力は750馬力だ。

 バスの「Model T」について、Foxconnはこれまでに試験や調査を重ねてきたことを強調した。これには20万kmの加速耐久試験や1000時間の強度試験が含まれる。同社はこのバスが約400kmにわたって乗客を運べるとみている。

Model T
提供:Foxconn

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]