グーグル、「Pixel 6/6 Pro」を10月28日発売--どちらも5000万画素カメラ搭載

藤代格 (編集部)2021年10月20日 02時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは10月20日、スマートフォンの新モデル「Google Pixel 6/6 Pro」を発表した。Googleが開発したシステムオンチップ(SoC)「Google Tensor」を搭載する。同日から予約を受け付け、販売開始は10月28日。

キャプション

 国内の「Google ストア」での販売価格(税込)は、Pixel 6 Proが11万6600円から、Pixel 6が7万4800円から。Pixel 6 Proはソフトバンク、Pixel 6はKDDIとソフトバンクでも取り扱う。

「Google Pixel 6/6 Pro」の特徴
「Google Pixel 6/6 Pro」の特徴

フラッグシップスマートフォンの最新シリーズ

 Pixel 6 Proは、10~120Hzに対応できるスムーズディスプレイ6.7インチLTPO OLED(QHD+)パネルを搭載。サイズは約高さ163.9mm×幅75.9mm×奥行き8.9mm、重さ210gで、内蔵メモリーのRAMは12GB。ROMは128GBか256GBを選択できる。

 バッテリーは最小4905mAhで、24時間以上の駆動が可能。背面には約5000万画素の広角カメラ、1200万画素のウルトラワイドカメラ、光学ズーム4倍、4800万画素の望遠レンズを搭載したトリプルカメラモデル。前面には1110万画素、画角94度のカメラを搭載し、Sub-6/ミリ波ともに対応する。

 Google ストアでの販売価格(税込)は、128GBが11万6600円、256GBが12万7600円。カラーはストーミーブラック、ソータサニー、クラウディホワイトの3色。

ストーミーブラック、ソータサニー、クラウディホワイトの3色で展開する
ストーミーブラック、ソータサニー、クラウディホワイトの3色で展開する
Pixel 6 Proの概要
Pixel 6 Proの概要

 Pixel 6は、60~90Hzに対応できるスムーズディスプレイ6.4インチOLED(フルHD+)パネルを搭載。サイズは約高さ158.6mm×幅74.8mm×奥行き8.9mm、重さ207gで、内蔵メモリーのRAMは8GB。ROMは128GBか256GBを選択できる。

 バッテリーは最小4524mAhで、24時間以上の駆動が可能。背面には約5000万画素の広角カメラと1200万画素のウルトラワイドカメラを搭載したデュアルカメラモデルとなる。前面には800万画素、画角84度のカメラを搭載し、5GはSub-6に対応する。

 Google ストアでの販売価格は、128GBが7万4800円、256GBが8万5800円。カラーはストーミーブラック、ソータシーフォーム、カインダコーラルの3色。

ストーミーブラック、ソータシーフォーム、カインダコーラルの3色で展開する
ストーミーブラック、ソータシーフォーム、カインダコーラルの3色で展開する
Pixel 6の概要
Pixel 6の概要

 Pixel 6 ProとPixel 6はいずれも、インターフェースは「USB Type-C 3.1 Gen1」、nanoSIMとeSIMに対応するデュアルSIMモデル。ディスプレイに指紋認証センサーを内蔵する。

 また、Googleがモバイル向けに初めて自社開発したPixel専用SoCとなるGoogle Tensorを搭載。音声認識や画像処理、消費電力の節約などをサポートするほか、新しいCPUベースのサブシステムとなる、セキュリティ向けのチップ「Titan M2」を組み込んでいる。従来のアプリケーションをプロセッサーで切り分けられるようになり、隔離したセキュアな環境で機密性の高いタスクをコントロールできる。なお、セキュリティアップデートは最低5年間提供する。

セキュリティ機能の概要
セキュリティ機能の概要

 Google Pixel ビジネス ヴァイス プレジデントを務めるNanda Ramachandran氏は、「Googleの歴史上、最も大きなハードウェアのイノベーションとなる。セキュリティを最優先にしつつ、マシンラーニングを最適化できるようすべての面で設計し直した」と開発コンセプトを説明した。

Nanda Ramachandran氏
Nanda Ramachandran氏

 ソフトウェア面では、入力の音声アシスタント機能、メッセージや動画のリアルタイム翻訳機能などを追加。カメラは20倍の超解像ズームに対応する。そのほか、より多くの人種の肌の色を表現できる「リアルトーン」、長時間の露光設定ができる「モーションモード」、背景の気になる部分を消せる「消しゴムマジック」などの画像編集機能も追加した。

リアルタイムに翻訳できる
リアルタイムに翻訳できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]