200kg運べる荷物用ドローン「VoloDrone」の飛行を公開--トレーラーから変形する発着場も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volocopterは、重量物の輸送が可能な荷物運搬用ドローン「VoloDrone」の飛行を、ドイツのハンブルクで初公開した。また、変形してVoloDroneの可搬式発着場になるトレーラー「Mobile Vertipad」の開発計画も明らかにした

VoloDroneの飛行を初公開(出典:Volocopter)
VoloDroneの飛行を初公開(出典:Volocopter)

 VoloDroneは、荷物運搬用に開発された垂直離着陸可能な電動マルチコプター(eVTOL)。多数のローターを備え、クアッドコプター型ドローンと同じ飛行原理で飛ぶ。自律飛行機能により、有視界外飛行が可能だ。

 大きさは直径9.15m、高さ2.15mあり、最大200kgの荷物を搭載して40km以上飛行できるという。最大離陸重量(MTOW)は600kg。荷物はISO規格のパレットに入れ、機体下部の着陸装置間に取りつける。対応パレットは6種類。

 試験飛行は3分間で、最大高度22mmに達した。

荷物を運ぶデモンストレーション(出典:Volocopter)
荷物を運ぶデモンストレーション(出典:Volocopter)

VoloDroneの公開飛行(出典:Volocopter/YouTube)


 一方のMobile Vertipadは、トラクターヘッドでけん引して動かせるトレーラー型のVoloDrone用発着場。VoloDroneを離陸または着陸させたい場所まで移動して展開すると、直径20mの発着場として使える。移動時は、長さ12m×幅2.4m×高さ3.9mになる。

 オーストリアのSchwarzmüllerと開発に取り組み、2023年の早い時期に試験を始める予定。

トレーラーが発着場へ変形(出典:Volocopter)
トレーラーが発着場へ変形(出典:Volocopter)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]