アップル、「AirPods」にヘルスケア関連機能の追加を検討か

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月14日 07時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「AirPods」にヘルスケア機能を搭載する方法を検討している可能性があると、The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間10月13日付の記事で報じた。

AirPods
提供:CNET

 WSJは、Appleの計画に詳しい情報筋らの話として、同社がAirPodsを利用して、ユーザーの聴覚をサポートしたり、体温の測定や姿勢の確認をする方法を調査している可能性があると報じている。

 Appleにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

 AirPodsにそうした種類の機能を持たせようとすることは、ヘルスケア機能に力を入れるAppleの最新の動きとなる。9月には、Appleが将来の「Apple Watch」に体温計や血圧計機能を搭載する可能性があることや、「iPhone」を使用してうつ病や認知機能の低下を検出する方法を検討していることをWSJが報じていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]