「龍が如く」シリーズの名越稔洋氏がセガを退社へ

佐藤和也 (編集部)2021年10月08日 16時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「龍が如く」シリーズの生みの親として知られ、同シリーズの総合監督を務めている名越稔洋氏が10月8日、セガの退社ならびに、龍が如くスタジオトップとしてのポジションも同時に退くことを公表した。

 これは、「龍が如くスタジオ.com」に掲載された「『龍が如くスタジオ』からのお知らせ」によって明らかにされたもの。そこで掲載されている内容によれば、名越氏に加えて、タイトルの立ち上げから関わってきた佐藤大輔氏のセガ退社も告知されている。

 あわせて、龍が如くスタジオは新体制になるとし、代表/制作総指揮を横山昌義氏が務める。そして横山氏からのコメントでは、春日一番のその後を描くシリーズ最新作「龍が如く8(仮称)」が開発中であることも触れられている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]