コロナ禍の終わりが見え始め、欧州で旅行関連アプリ復活--上半期14%増の1億4300万回DL

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SensorTowerは、旅行関連のスマートフォン用アプリについて、欧州におけるダウンロード状況の調査結果を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響でダウンロード数が落ち込んだ2020年に対し、2021年第2四半期は前年同期比104%増と好調だったという。

 欧州の一部ではワクチン接種率が高まる一方、感染率が減少傾向になった影響か、旅行関連アプリのダウンロード数が復活している。2021年上半期のダウンロード数は1億4300万回で、前年同期に比べ14%多かった。

 ジャンル別では、パンデミック中に特に大きな打撃を受けた総合的な旅行関連アプリだが、2021年夏にはホテル予約アプリなどがパンデミック前の状態に近づいたそうだ。2021年7月に欧州でダウンロード数が3万回弱ともっとも多かったアプリ「Booking.com」は、パンデミック前の記録を塗り替えて過去最高のダウンロード回数となった。

Booking.comは過去最高(出典:SensorTower)
Booking.comは過去最高(出典:SensorTower)

 宿泊アプリも2021年夏に復活してきた。民泊アプリ「Airbnb」の2021年7月におけるダウンロード数は約120万回で、2019年夏の記録を上回った。

Airbnbも過去最高(出典:SensorTower)
Airbnbも過去最高(出典:SensorTower)

 旅客機に関するアプリのダウンロード数も、2021年に入ってから急速に増えている。

旅客機関連アプリも急速に復活(出典:SensorTower)
旅客機関連アプリも急速に復活(出典:SensorTower)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]