Snapchat、アプリでの薬物取引に対策--アプリ内教育ポータルも公開へ

Marcos Cabello (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月08日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Snapchat」を運営するSnapは米国時間10月7日、違法な薬物の販売を阻止する措置を講じると発表した。フェンタニルを含有する薬物などの過剰摂取による死亡事故が米国で増加しているという。フェンタニルは、モルヒネの50~100倍の効力があり、少量でも死に至るおそれがあるとされている合成オピオイドだ。

A coalition of family members and groups protested near Snap headquarters in June, calling for more countermeasures to block illegal drug sales on Snapchat.
提供:Patrick T. Fallon/AFP/Getty Images

 Snapはブログで次のように述べている。「Snapchatで麻薬の売人からフェンタニル入り偽薬を手に入れた例など、この危機の影響を受けた家庭の悲惨な話を耳にしてきた」

 Snapはこの1年、「われわれのコミュニティにもたらしている害について麻薬の売人に責任を取らせるため、事前の発見と法執行機関との協力に投資」してきたとしている。

 またSnapは、新たなアプリ内の教育ポータル「Heads Up」を開発している。Heads Upは、Song for CharlieやShatterproof、薬物乱用・精神衛生管理庁(SAMHSA)、米疾病予防管理センター(CDC)のリソースなどの専門機関や団体のコンテンツを配信する。Snapchatで薬物関連のキーワードが検索された時に、「われわれのコミュニティに害を及ぼさないようにするための関連する教育コンテンツ」を表示するとしている。

 Snapchatを通じてフェンタニル入り薬物を購入したとされる10代~20代前半の若者の死についてNBC Newsが10月に報じた。これを受け、この問題は注目を集めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]