アマゾンの新作MMORPG「New World」、同時接続プレーヤーが90万人超え

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月05日 12時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Gamesの「New World」がヒットしているようだ。「SteamDB」によると、この新作MMORPG(多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)は、ピーク時の同時接続プレーヤー数がリリース日の9月28日(協定世界時)に70万7000人を超え、10月3日には90万人超に跳ね上がった。その結果、ゲームプラットフォーム「Steam」で同時接続プレーヤー数ランキングの上位に食い込んだ数少ないビッグタイトルの1つとなっている。

New World
提供:Amazon Games

 Steamでプレーヤーの人数が多いゲームは、プレーヤーのアクティビティーを追跡している「Steam Charts」で確認できる。ランキングのトップは「PUBG: BATTLEGROUNDS」で、ピーク時の同時接続プレーヤー数は320万人を超えている。それに続くのが「Counter-Strike: Global Offensive」と「Dota 2」だ。New Worldは4位にランクインし、「サイバーパンク2077」と2021年にリリースされた北欧神話が舞台のサバイバルゲーム「Valheim」を追い越した。

 New Worldのリリース日には、これらのプレーヤーが一度に殺到したため、多くのプレーヤーがログインできずに待ちぼうけをくらった。参加するためのキュー(待機列)に入れられる時間は数時間に及び、キューによっては待機者が1万人を超えるものもあった。そのため、このゲームのSteamページには、米国外のプレーヤーから待ち時間の長さやサーバーの重さに対する不満の声が書き込まれた。こうしたプレーヤーに対応するため、Amazon Gamesは発売から数時間後にサーバーを追加し、数週間以内にキャラクターを他のサーバーに転送できるようにすると発表している。

 New Worldのプレーヤーは、謎に包まれた島Aeternum(エターナム)に漂着した冒険家となり、島を探検してこの島が持つパワーと秘密を解き明かさなければならない。

 同ゲームは「Windows」搭載PCのみに対応している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]