アップル、2022年の「iPad Air」にOLED搭載を断念--著名アナリストのクオ氏

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2021年10月05日 10時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アナリストMing-Chi Kuo氏の新たな投資家向けメモによると、Appleは次期「iPad Air」に有機EL(OLED)ディスプレイを採用する計画を断念し、2022年も液晶ディスプレイを継続するようだ。メモを入手した9to5Macが報じている。

iPad
提供:Scott Stein/CNET

 iPad AirのOLEDへの変更計画は、Kuo氏が3月に言及していた。同氏の今回のメモによると、Appleが2022年のiPad AirへのOLED採用を取りやめたのは、性能とコストが同社の要件を満たさなかったためだという。

 一方でKuo氏は、Appleが2021年の12.9インチ「iPad Pro」と同じく、ミニLEDディスプレイを搭載した11インチのiPad Proを発売する計画であり、その先の製品として、より軽量、薄型の折りたたみ式デザインに取り組んでいると述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]