バンダイナムコグループ、コーポレートロゴマークを変更へ--パーパスの制定にあわせて

佐藤和也 (編集部)2021年10月01日 17時16分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコホールディングスは10月1日、バンダイナムコグループとして企業理念体系を改定し「パーパス」を制定。それにあわせて新たなコーポレートロゴマークに変更すると発表。パーパスの導入と新ロゴマークへの変更は、2022年4月にスタートする次期中期計画より行うという。

現在のロゴマーク(左)と、新ロゴマーク(右)
現在のロゴマーク(左)と、新ロゴマーク(右)

 パーパスついては、現在の企業理念「ミッション」「ビジョン」から、バンダイナムコの社会における存在意義や、なぜその事業や企業活動を行うのかを表すものとして制定するもの。そのパーパスは「Fun for All into the Future」としている。

 新ロゴマークについては、現在の融合(フュージョン)をテーマとしたものから、パーパスにこめた思いを踏まえたものにしたという。社名にバンダイナムコを冠する会社のロゴマークは全てこのマークを使用。また、バンダイナムコを社名に冠する、冠さないにかかわらず、原則的に全ての商品・サービスに新ロゴマークを表記するという。これにより、商品・サービスやレーベルが持つ価値を新ロゴマークに集積するとともに、グループの一体感と総合力を強く訴求し、グローバル市場におけるブランド価値の向上を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]