ステーキのピーター・ルーガー、日本で開業へ--東京店ならではのテクノロジー活用とは

坂本純子 (編集部)2021年10月01日 10時00分

 ニューヨーク・ブルックリンで創業130年の歴史を誇るステーキハウスの名店「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」が東京・恵比寿にて10月14日にオープンする。恵比寿ガーデンプレイスに近い、MLB Cafe Tokyoの跡地に位置する。

 ドライエイジングビーフのステーキを世界に広め、ミシュランガイドやザガット・サーベイで、30年以上に渡り上位にランクインする店の米国外初の店舗であり、日本でも食通の間で期待値は高い。

ピーター・ルーガーといえばTボーンステーキだ。NYと同様にステーキの価格は時価。ディナータイムは客単価2万円を見込む
ピーター・ルーガーといえばTボーンステーキだ。NYと同様にステーキの価格は時価。ディナータイムは客単価2万円を見込む

 実は、本店であるニューヨークの店舗は、現在はウェブ予約に対応しているものの近年まで電話予約のみで、決済はキャッシュオンリーという全米でも珍しいレストラン。東京店では、新たな取り組みとして、「フォンレス(電話不要)」や「キャッシュレス」などをテーマとして掲げる。

東京・恵比寿に10月14日にオープンする「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」。ガーデンプレイスに近い、MLB Cafe Tokyoの跡地
東京・恵比寿に10月14日にオープンする「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」。ガーデンプレイスに近い、MLB Cafe Tokyoの跡地

 LINEの電話対応AIサービス「LINE AiCall」を導入しており、予約台帳と連動したリアルタイムの予約を24時間いつでも受け付ける。予約受付が完了すると、使用した携帯電話番号のLINEアカウントに予約完了のメッセージが送信されるほか、LINEを使用していない場合はSMSにも対応する。

LINE AiCallの特長と概要
LINE AiCallの特長と概要
フォンレスに向けた取り組み
フォンレスに向けた取り組み

 ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京を展開するワンダーテーブル 代表取締役社長の秋元巳智雄氏は、「この箱(場所)でやりたい。ブルックリンの本店が、そのまま東京に降りてきたようなレストランが作れるのではないかという思いがあった。ステーキにおいては本店のクオリティを保ちつつ、(予約やキャッシュレスなど)未来に向けた部分と考え方を分けて、新しいピーター・ルーガーを持ってこようとしている」と説明した。

ワンダーテーブル 代表取締役社長の秋元巳智雄氏
ワンダーテーブル 代表取締役社長の秋元巳智雄氏

 LINE AIカンパニー AI事業推進室の稲井優貴氏はLINE AiCallについて、「レストランのピークタイムなど、目の前のお客様の対応に集中したい。電話がたくさん鳴ってしまうと接客に集中できず、客側も電話がつながらなくて不満になる。そうした煩わしさを解決したいと展開している」と説明する。

 LINE AiCallのポイントとして、(1)ユーザーを待たせない利用体験、(2)自然な対話、(3)既存システムやLINEとの連携——の3点を挙げた。

 なお、予約は毎日90日先までとれるしくみで、1日ずつ解放される。延床面積は約489坪、席数は241席(1階67席、2階104席、3階70席)という大型店舗で、個室も多く広々とした空間だ。11月まではほぼ埋まっているとしているが、スタッフの採用の都合からまだ全席を開放しているわけではないという。

3階は70席
3階は70席
吹き抜けになっており、2階が見える
吹き抜けになっており、2階が見える

 ニューヨークにはない、オリジナルブティックも併設する。Tボーンステーキやリブアイステーキ、ハンバーグ用のパティなどを販売するほか、ステーキソースやワイン、ロゴ入りグッズの販売なども行う。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]