酪農DXに向け開発投資--ファームノート、マイナビや丸紅らから総額14.4億円の資金調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファームノートホールディングスは9月29日、第三者割当増資により総額14.4億円の資金調達が完了したと発表した。今回を含む累計での資金調達額は、総額で約44億円になる。

キャプション

 今回の増資では、未来創生2号ファンド、マイナビ、丸紅、前田工繊キャピタル、千葉道場2号、中部飼料、SMBCベンチャーキャピタル6号、KOBASHI HOLDINGS、萩原建設工業、イノベーション・エンジンPOC第2号、その他、個人・事業会社などが引受先となる。

 同社は、完全子会社で農業IoTソリューション事業を展開するファームノート、自社牧場による酪農事業を展開するファームノートデーリィプラットフォームを有す純粋持株会社。

 ファームノートでは、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」や、牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を展開。Farmnote製品の有償ユーザー数は約1600生産者、契約頭数約32万頭(2021年8月時点)まで成長している。

 ファームノートデーリィプラットフォームは、酪農DXの実践牧場として2020年8月に北海道標津郡中標津町で酪農生産を開始。牛舎設計やロボット搾乳といったリアル技術とFarmnote製品などのデジタル技術を統合し、牛と人が快適に働ける牧場づくりに取り組んでいる。なお、労働生産性は国内平均の2倍以上を実現。設立8カ月でEBITDA黒字を達成している。

 同社は、事業の創出を通じて社会課題の解決を目指しており、今回の調達した資金は、酪農DXを実現するための製品群強化と拡大に向けたシステム開発投資に活用。さらに、顧客基盤拡大ならびに、既存顧客の継続課金収入(ARR)の増加に向けた営業体制強化とマーケティング投資、酪農生産事業の拡大と酪農DXプラットフォーム構築(設備・開発投資)などに充当する予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]