「Kindle Paperwhite」に3年ぶりの新モデル--シリーズ初の6.8インチも登場

藤代格 (編集部)2021年09月21日 22時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは9月21日、電子書籍端末「Kindle Paperwhite」シリーズの新モデルを発表した。

 8GBの新たなKindle Paperwhiteのほか、32GBの「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」、8GBの「Kindle Paperwhite キッズモデル」、計3モデルを追加する。すべてWi-Fi対応モデルとなる。

新「Kindle Paperwhite」のラインアップ
新「Kindle Paperwhite」のラインアップ

 それぞれ9月21日から予約を受け付け、Kindle Paperwhiteとキッズモデルは10月27日から、シグニチャーエディションは11月10日から出荷する。税込価格はKindle Paperwhiteが1万6980円、広告ありモデルが1万4980円。シグニチャーエディションが1万9980円。キッズモデルが1万6980円となる。同様のスケジュールで純正カバーや保護フィルムといった関連アクセサリーも販売する。

新Kindle Paperwhiteの価格
新Kindle Paperwhiteの価格
関連アクセサリーなどの価格
関連アクセサリーなどの価格

 アマゾンジャパン Amazonデバイス事業本部 Kindle・Fire Tablet・アクセサリー事業部 事業部長の清水文弥氏は、「2018年の前世代モデルから約3年ぶりのKindle Paperwhiteのアップデートとなる。6.8インチディスプレイなど、今までに無い進化を遂げている」と説明する。

Amazonデバイス事業本部 Kindle・Fire Tablet・アクセサリー事業部 事業部長の清水氏
Amazonデバイス事業本部 Kindle・Fire Tablet・アクセサリー事業部 事業部長の清水氏

Kindle初の6.8インチディスプレイを採用

 新しいKindle Paperwhiteは、「Kindle」シリーズで初めて6.8インチディスプレイや「USB Type-C」コネクターを採用。E Inkディスプレイも新型となり、ページをめくるレスポンド速度が2割向上したという。

 フロントライト用のLEDを前世代モデルの5個から17個に増やし、解像度300ppiの画面を最大輝度10%明るくできる。均一にディスプレイを照らすことができ、画面が見やすくなった。

新Kindle Paperwhiteの特徴
新Kindle Paperwhiteの特徴
新旧モデルの比較
新旧モデルの比較

 また、最上位モデル「Kindle Oasis」で採用する「色調調節ライト」を、Kindle Paperwhiteシリーズで初めて搭載する。スクリーンの色合いを明るいホワイトから暖かみのあるアンバーまで、気分や雰囲気に合わせて調節できる。

24段階で調節可能。左は旧モデル
24段階で調節可能。左は旧モデル

 全体サイズは174mm×125mm×8.1mmで、重さは205g。バッテリーサイズが拡大、前世代モデルと比較して寿命が約65%向上し、1回の充電で最大10週間使える。なお、前世代モデル同様、IPX8等級の防水機能を搭載する。

デザインカバーも展開する
デザインカバーも展開する

明るさの自動調節とワイヤレス充電に対応

 Kindle Paperwhite シグ二チャーエディションでは、Kindle Oasisに搭載する「明るさ自動調節」機能をKindle Paperwhiteシリーズで初めて搭載。さまざまな環境や光源のもとでも、快適に読書に没入できるという。

 全体サイズはKindle Paperwhiteと変わらず174mm×125mm×8.1mmだが、重さは207gで、Kindleシリーズで初めてワイヤレス充電に対応する。また、周辺アクセサリーとしてアンカー製で互換性のあるワイヤレススタンドを別売する。「Made for Amazon」認証を取得し、最大7.5Wでワイヤレス充電可能。2時間で満充電できる。

Kindle Paperwhite シグ二チャーエディションの特徴
Kindle Paperwhite シグ二チャーエディションの特徴

Kindle Paperwhiteをベースにした子ども向け読書専用端末

 Kindle Paperwhite キッズモデルは、新しいKindle Paperwhiteをベースに展開する。Kindle Paperwhiteをマグネットで閉じられるようになる専用のキッズカバーが付帯し、「ブラック」「エメラルドフォレスト」「ロボットドリーム」のいずれかを選択できる。カバーを含めた全体サイズは175.5mm×129.2mm×13.5mmで、重さは321g。

カバーを3種類から選択できる
カバーを3種類から選択できる

 2年間の限定保証も付帯し、壊れても返品すれば無料で交換可能。また、サブスクリプションサービス「Amazon Kids+」(旧FreeTime Unlimited)を1年間、追加料金無しで付帯する。1000冊以上の書籍が読めるとともに、子どもの読書状況の確認、管理ができる見守り機能「ペアレント・ダッシュボード」を活用できる。

 Kindle Paperwhite本体に搭載する辞書や単語帳などを活用すれば、読書のレベルアップもサポートできるとしている。

 清水氏は、Kindleシリーズ共通になるという特徴を紹介しながら、商品企画には、“新商品を出す以上、平均4.0以上の評価をいただく”という目標があると語る。

 「Kindle Paperwhiteは総レビュー数1万3800、平均評価4.3という非常にありがたい評価をいただいており、多くのお客様に満足してご利用いただいている証と捉えている。現状に満足するのではなく、日々向上を目指していく」(清水氏)

Kindleシリーズ共通になるという特徴
Kindleシリーズ共通になるという特徴

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]