ミューゼオ、文化やアートの学習・体験プラットフォームとしてリニューアル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コレクション投稿・交流サービス「ミューゼオ」を運営するミューゼオは9月21日、同社が提供する6つのサービスについて、文化・アート・趣味分野の学習・体験プラットフォームとして統合するためのリニューアルを実施したと発表した。

ミューゼオの新トップイメージ
ミューゼオの新トップイメージ

 同社はこれまで、⼈々のコレクションを通して好奇⼼や感性を表現する投稿・交流サービスを中⼼に、専⾨書店のようなオンライン・ジャーナル、オンライン・ライブ、ハイエンド受注⽣産ECサービスなどを提供してきた。今回のリニューアルでは、サービス利⽤のための共通タイムラインや検索システムを統合・新規開発し、全サービスをシームレスに跨いだ体験が可能になるという。

 また、今後強化していくリコメンド機能などにおいても「学び」と「新しい体験への扉」となるような基盤になっているという。これにより、さまざまな分野で知識を深める、体験に出会う、愛好者同⼠の共通体験を醸成するといったポイントを強化していくとしている。

 なお、これにともない、従来「ミューゼオ」というサービス名で提供していたコレクション投稿・交流サービスについては、「Muuseo Cloud Museum(クラウドミュージアム)」という名称に変更している。

ミューゼオの検索画⾯イメージ
ミューゼオの検索画⾯イメージ

 今後は学びと体験に適合したコンテンツの提供ロジックのブラッシュアップや、学びのモチベーション強化、進捗度を可視化する検定・テストの提供などを進めていく予定。また、これまで開発を進めてきた個⼈向けのサービスについて、今後は事業者のストーリー紹介を強化し、⽂化などの興味の深い⽣活者と引き合わせ、ナラティブマーケティングやファンマーケティング⽀援分野への取り組みを強化するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]