Leica Geosystems、LiDARで3D計測できるドローン「BLK2FLY」を発表

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hexagon傘下のLeica Geosystemsは、LiDAR搭載により建物の外観といった3Dデータを計測できるドローン「Leica BLK2FLY」を発表(HexagonLeica Geosystems)した。

LiDAR搭載の3D計測用ドローン(出典:Leica Geosystems)
LiDAR搭載の3D計測用ドローン(出典:Leica Geosystems)

 BLK2FLYは、LiDARのほかレーダーやカメラ、地球測位システム(GNSS)センサーなどを搭載し、指示に従って自律飛行可能なクアッドコプター。ビルの外観や屋上など、近づくことが困難な場所の計測を自動処理し、3Dデータを取得できるという。

LiDARによる3Dレーザー計測が可能(出典:Leica Geosystems)
LiDARによる3Dレーザー計測が可能(出典:Leica Geosystems)
近づきにくい場所を3Dデータ化(出典:Leica Geosystems)
近づきにくい場所を3Dデータ化(出典:Leica Geosystems)

 操縦は、タブレット用アプリ「BLK2FLY Live App」を使用し、表示された地図で飛行範囲などを指定するだけで簡単に実行できるとしている。障害物は自動的に回避し、適切なルートを飛ぶ。

 バッテリはホットスワップ対応。計測作業などの飛行中にバッテリ残量が少なくなると、BLK2FLYはユーザーのところへ戻ってきて、バッテリ交換後に残りの飛行を継続する。

 重さは2.6kgと軽く、持ち運び時には折り畳んでおける。展開時のサイズは53×60cm。

BLK2FLYの紹介ビデオ(出典:Leica Geosystems/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]