エルサルバドルでビットコインが法定通貨に--23億円相当を保有

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月08日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルサルバドルは現地時間9月6日、ビットコインを追加で購入し、総額2100万ドル(約23億円)相当のビットコインを保有していることを明らかにした。同国では6月にビットコインを法定通貨とする法案が可決され、7日に施行された。

El Salvador buys  million in Bitcoin as crypto law kicks in
提供:Angela Lang/CNET

 また、エルサルバドルの国民は自分の国民IDを使用し、新しい仮想通貨(暗号資産)ウォレットアプリ「Chivo」に登録できるようになる。ビットコインの普及を図る政府の取り組みの一環として、アプリの登録者には30ドル(約3300円)相当のビットコインが配布される。

 エルサルバドルのNayib Bukele大統領は6日、同国が400ビットコイン(23億円相当)を保有していることをTwitterで明らかにした

Nayib Bukele tweet

 エルサルバドルは、国家として初めてビットコインを法定通貨化する。同国以外にも複数の国で、仮想通貨を広く採用する動きを見せている行政組織があるようだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]