政治的見解を理由とするSNSアカウント停止、テキサス州で禁止法案が通過

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月06日 13時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テキサス州は、同州の住民が政治的見解を理由にFacebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアプラットフォームからアカウントを停止された場合、その企業を提訴できるようにする法律を成立させようとしている。法案は州議会を通過しており、 USA Todayによると、共和党所属のGreg Abbott知事はこの法案に署名する見込みだという。

演説するDonald Trump氏
提供:James Martin/CNET

 この法案は、連邦地方裁判所のRobert Hinkle裁判官によって施行の1日前に無効にされたフロリダ州の法律と似ている。

 これらの法案は、1月6日の米連邦議会襲撃事件の後に、TwitterとFacebookがDonald Trump大統領(当時)のアカウントを停止したことを受けて作成された。SNS企業が繰り返し否定していることではあるが、保守派の中にはSNS企業がイデオロギーを理由にコンテンツを検閲していると主張する者もいる。

 米CNETの取材に対し、Twitterはコメントを控えた。FacebookとYouTubeからは返答がなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]