[ブックレビュー]ウッチャンに学ぶリーダー論--「内村光良リーダー論」

フライヤー編集部2021年09月11日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日新聞出版
内容:お笑いタレントである内村光良氏の言動を関係者のインタビューを通じて分析することで、時代に適したリーダー論を解説した1冊。内村氏が率いるチームは各メンバーが自発的に動き出し、伸びていくという特徴であるという。

 仕事に対する考え方、在宅勤務による働き方など、変化が激しい現代で、どのようにチームを率いていくべきか頭を抱えているリーダーの方も多いのではないか。

 本書はお笑いタレントである内村光良氏の言動を関係者のインタビューを通じて分析することで、時代に適したリーダー論を解説した1冊である。内村氏は、明治安田生命保険による理想の上司ランキングで5年連続1位に輝いた。それだけでなく、業界内では「内村氏の現場は必ずいいチームができる」という噂があるほどである。

 そこで著者は内村氏のリーダー論を分析するために、内村氏と数々の作品を共にした共演者、番組の制作関係者など計24人に取材を行った。明らかになったのが、内村氏が率いるチームは各メンバーが自発的に動き出し、伸びていくという特徴である。

 この自ずと動き出すチームという特徴を因数分解して、いいチームを作るリーダーの要素を言語化。そして、一般的な組織でも活用できるようにしたのが本書である。本書では内村式リーダー論をリーダーシップ、チームマネジメント、コーチング、マインドづくり、パーソナリティーづくりの区分に分けて解説している。

 お笑い業界で大御所的な存在となった内村氏が身に付けたリーダー論は、メンバーの自主性を育てるなど時代に即したものになっている。ぜひ内村式リーダー論を身に付けて、チームの潜在能力を最大限引き出していただきたい。

今回ご紹介した「チームが自ずと動き出す 内村光良リーダー論」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]