[ブックレビュー]なんでも買える時代の新しい価値観--「プロセスエコノミー」

フライヤー編集部2021年09月04日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
幻冬舎
内容:情報化によってあらゆるプロダクトが激しい競争にさらされるとき、アウトプットそのものでは差がつかなくなっていく。なんでもあってなんでも買える世界で、「その商品」でなくてはならない価値は、物語――プロセスにしかない。本書の「プロセスエコノミー」は、そういった新しい時代の価値観を象徴する概念だ。

 この要約を読む前に、自分が「絶対にこれがいい!」と思って購入した商品、あるいは契約したサービスのことを思い出してほしい。どんなに小さなものでも構わない。思い浮かべたら、どうしてその商品、あるいはサービスを選んだか、考えてみていただきたい。

 おそらく性能や機能といった、「いかに役に立つか」という観点がまずは思い浮かんだことだろう。しかし次に考えてほしいのは、「本当にそれだけが決め手だったか」ということだ。そこにある物語や世界観、価値観に共感して購入した商品やサービスが、きっとあるのではないか。

 情報化によってあらゆるプロダクトが激しい競争にさらされるとき、アウトプットそのものでは差がつかなくなっていく。なんでもあってなんでも買える世界で、「その商品」でなくてはならない価値は、物語――プロセスにしかない。本書の「プロセスエコノミー」は、そういった新しい時代の価値観を象徴する概念だ。

 現在の過酷な状況の中でビジネスを行うための実用的な書籍でありながら、同時にライフスタイルや価値観の変容そのものを描き出す1冊である。アウトプットからプロセスへ、結果から物語へ。ここで語られる変化は、これから起きるものではなく、すでに起きているものだ。ビジネスの最前線で何が起きているのか、本書を通じて掴んでいただければと思う。

今回ご紹介した「プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]