「声を上げてくれた人々に感謝」--アダルト系SNS「OnlyFans」がポルノ制限を撤回

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月26日 13時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国に拠点を置くSNS、「OnlyFans」は、アダルト系コンテンツのクリエイターの怒りと動揺を引き起こした計画、つまりポルノを禁止する計画を取り下げた。同社は米国時間8月25日のツイートで、露骨に性的なコンテンツを作成するクリエイターに、引き続き支払いを行うための保証を確保したと発表した。

「OnlyFans」のロゴ
「OnlyFans」は引き続きポルノを容認するようだ。
提供:James Martin/CNET

 同社は先週、露骨に性的なコンテンツを10月1日から禁止すると発表し、24日にはこれが銀行からの圧力により、クリエイターに支払いをするのが困難になったためだとしていた。問題を公表したことで、ポリシー変更を余儀なくさせていた問題が解決したようだ。

 「声を上げてくれたすべての人々に感謝したい。当社は多様なクリエイターのコミュニティーをサポートするに足る保証を確保し、10月1日に予定していたポリシーの変更を凍結した。OnlyFansはインクルージョン(包摂)を支持し、あらゆるクリエイターに居場所を提供していく」と同社は公式Twitterアカウントでツイートしている。

 同社はこの件について、近くクリエイターにメールで公式に説明するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]