東北電力フロンティアとNetflixが提携--エンタメと電気をバンドルサービスで

加納恵 (編集部)2021年08月20日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東北電力フロンティアとNetflixは8月20日、でんきとNetflixのバンドルサービス「シンプルでんき with Netflix」を開始すると発表した。提供開始は11月1日。同日から先行エントリーキャンペーンを開始している。

東北電力フロンティアとNetflixが提携
東北電力フロンティアとNetflixが提携

 シンプルでんき with Netflixは、東北電力フロンティアがサービスを提供する青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県で展開。東北電力フロンティアの電気を使うことで、Netflixが提供するコンテンツをテレビやスマートフォンなど、インターネットが接続するデバイスで視聴できる。

でんきとNetflixのバンドルサービス「シンプルでんき with Netflix」を開始する
でんきとNetflixのバンドルサービス「シンプルでんき with Netflix」を開始する

 11月以降の契約申し込み完了後から利用ができ、東北電力の電気料金プラン「従量電灯B」とNetflixを別々に契約した場合に比べ、年額で9348円安く利用できるとしている。

料金プラン
料金プラン
選べるオプション
選べるオプション

 Netflixでは、ソフトバンクやKDDIなど携帯キャリアとのパートナーシップを実施しているが、日本における電力会社との提携は今回が初めて。Netflix ビジネス・デベロップメント部門ディレクターの下井昌人氏は「Netflixにとっても新たな挑戦になる。これまではインターネットやテレビ、モバイル端末などでの連携が多かったが、生活インフラである電気とバンドルすることで、お客様の生活に寄り添った形での利用いただけることを目指す」とする。

 積極的な提携をすすめるNetflixだが、現在アジア太平洋地域では35社以上とパートナーシップを締結。日本では、テレビメーカーと組み、アプリの導入とリモコンへのNetflixボタンの導入を進めたことからスタート。「当時はまだNetflixが日本でのサービスを開始する前で、リモコンボタンの搭載は難航したが、さまざまな交渉を経て要約主要メーカーの方にご英断いただき、万全な形で日本でのサービス開始ができた。当時のテレビメーカーの方には感謝してもしれきない」と下井氏は当時を振り返る。

 その後、ソフトバンク、KDDIとモバイル料金とのバンドルプランを提供し、2019年にはジュピターテレコムとのパートナーシップを発表。2020年からは、首都圏以外のユーザーにもエンターテインメントを届けたいという思いから地方戦略を強化し、オプテージや中部テレコミュニケーション(ctc)との提携を進めた。「パートナーを介して、多くのお客様にNetflixを知ってもらう機会を得ることが目的。パートナーは、差別化による新規顧客や長期顧客の獲得につながると思っている」(下井氏)とする。

 東北電力フロンティアとの提携は地方戦略の第2章と位置づけ、下井氏は「生活インフラとのセットプランを発表することで、さらに生活に根付いたサービスとして提供したいと思っている」と狙いを話す。

 Netflixのパートナーシップ戦略はグローバルで展開しており、電力会社との提携はスペインに続き2カ国目。モバイル視聴が根強いインドでは、3つの料金プランに加え、モバイル端末のみで見られるプランを用意するなど、各国の視聴傾向を分析しながら進めているとのこと。「各国の生活者に寄り添ったパートナーシップを丁寧に作ることで、新たなメンバー獲得につながっている」(下井氏)という。

 今後は、非通信系との連携も深め、さらなるパートナーシップを築いていく計画だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]