アマゾン、サードパーティーの欠陥商品による損害を約11万円まで補償へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2021年08月11日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、サードパーティーの販売業者(マーケットプレイスでの出品者)の欠陥商品に関するクレームを容易にする目的で、米国で返品ポリシーを改訂する。米国時間9月1日から、物的損害や負傷のクレームをまずAmazonに直接連絡できるようになり、その後Amazonが購入者と出品者をつなぐことになる。

Amazonのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Amazonの現状のポリシーでは、出品者の商品に問題があった場合、購入者が出品者に直接連絡するよう奨励している。

 新たなポリシーでは、1000ドル(約11万円)未満のクレームについてはAmazonが顧客に支払う。1000ドル以上についても、出品者が応答しない場合や、Amazonが正当だとみなすクレームを出品者が拒否する場合は、Amazonが支払う可能性がある。

 Amazonは、「出品者は引き続き、商品へのクレームに反論する機会を持つ」としている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]