マイクロソフト、「Edge」のセキュリティを高める「SDSM」機能をテスト

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年08月06日 08時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのブラウザー「Edge」の脆弱性研究チームは、「Super Duper Secure Mode(SDSM)」と名付けた新機能をテストしている。これは、性能を損なうことなくEdgeのセキュリティを高めるための機能だ。

Edge
提供:Shutterstock

 Bleeping Computer(筆者がSDSMの情報を初めて目にしたサイト)によると、SDSMは、V8の処理パイプラインからJust-In-Time(JIT)コンパイルを取り除くことによって機能し、それによって、Edgeのシステムに対するハッキングに利用される恐れのあるアタックサーフェスが縮小するという。

 「JavaScriptは、どのブラウザーでも重要な役割を担っている。JITが存在することには理由があり、それはJavaScriptの性能を最適化することだ」と、Microsoftのブラウザー研究者らは、米国時間8月4日付けのSDSMに関するブログ記事で述べた。しかし、これまでのところJITを無効にしても性能にあまり変化は見られず、同チームのテストのほとんどで結果は変わらなかったという。

 JITを無効にすると、修正が必要なV8のバグの約半分が取り除かれることになる。これは、ユーザーに提供されるセキュリティアップデートの頻度が減り、緊急パッチの数が減ることを意味すると、研究者らは述べた。

 SDSMはまだ実験段階とみなされている。しかし、Canary、Dev、Betaの各Edgeプレビュービルドのテスターらは、edge://flags/#edge-enable-super-duper-secure-modeからこの新機能を有効にできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]