ソニーネット、アプリに食事解析機能などを付加できるAPI形式サービス

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、ヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE(エクスシンス)」において、食事解析・アドバイス機能をAPI形式で提供を開始した。

キャプション

 X.SINCEは、食事・運動・美容・睡眠などヘルスケア領域における、効率的なサービス開発や立ち上げを支援するヘルスケアサービスプラットフォーム。

 X.SINCEを利用することで、自社サービスの開発において、機能やデザインをカスタマイズ可能となる。また、ソニーのAI技術を生かした食事画像解析などの機能を組み込むことで、付加価値のある高品質なサービスを早期に立ち上げられるようになる。

 今回、X.SINCEの機能の一部である基本機能(食事画像解析判定、食事キーワード検索、食事記録、食事栄養素解析)を、Web API形式で提供開始する。

 加えて、アドバイスコメント提示やレコメンド情報提示のオプションも用意する。

 これにより、すでにヘルスケア関連のアプリを運営している企業も、自社アプリへと短期間で新たな機能を付加可能となる。

キャプション

 また、各企業が提供するアプリやサービスに合わせたカスタマイズにも対応する。具体的には、アドバイスコメントの変更や自社の製品・レシピなどを表示する「アドバイス内容・レコメンド情報」、重要視したい栄養素を指定する「解析対象栄養素」、標準データベースに自社製品の食品データを追加登録する「食事データベース」の3つ。

 これによりたとえば、記録された食事内容に基づき、独自のアドバイスコメントをユーザーへと発信するといったことが可能になる。さらに、自社の商品やレシピを提案するといったことが可能になるため、各企業の持つコンテンツを生かした独自性のあるサービスが実現できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]