PARTY、スタートアップスタジオ「combo」を設立--凸版印刷ら7社が参画

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリエイティブ集団のPARTYは7月19日、新規事業開発やスタートアップ投資事業などを展開するスタートアップスタジオ「combo」を設立し、凸版印刷やベクトル、Unicorn Financial Advisoryら7社と協業すると発表した。

1業種1社制で各分野に精通した企業がスタートアップを支援する
1業種1社制で各分野に精通した企業がスタートアップを支援する

 スタートアップスタジオは、新しい事業を同時多発的かつ連続して創出することを目的とした新しい新規事業創出の組織。スタートアップを生み出す上で必要となる事業アイデア・経営者人材・資金・UX・UIデザイン・実装・マーケティングなどを、起業家やスタートアップにワンストップで提供できる利点がある。

 comboでは、初期のスタートアップや社内事業向けにアイデアを具体化する「スタートアップスタジオ事業」と、アーリーからミドル期のスタートアップに不足しがちという「マーケティング」「UI/UX」「PR」「ブランディング」を強化し、出資やハンズオン支援を手掛ける「アクセラレーション事業」の2事業を展開する。

 comboを率いるPARTYは、広告やデジタルクリエイティブを手がけた実績や、スタートアップのアドバイザリーやプロモーションなどで培った「クリエイティブの力」で事業アイデアやUI/UXをサポートする。そのほか、凸版印刷、ギークピクチュアズ、ベクトル、Sun Asterisk、フォースタートアップス、ユーザーベース、Unicorn Financial Advisoryがパートナーとして参画し、スタートアップを支援する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]