ソフトバンク、eSIMに対応--オンライン契約でも最短1時間で通信可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは7月14日、ソフトバンクブランドのスマートフォン向け料金サービスにおいて、eSIMの提供を開始すると発表した。

 eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマートフォンなどに遠隔で書き込める組み込み型SIM。ユーザーは、通常のSIMカード(USIM)を端末に挿入することなく、eSIMに対応したスマートフォンなどに、プロファイルをダウンロードするだけで、通信サービスが利用できる。

 これにより、オンラインショップでeSIMを新規契約する場合、本人確認にeKYC(オンライン本人確認システム)を利用することで、USIMカードの到着を待つことなく、最短1時間ほどで通信サービスが利用可能となる。また、新規契約時にeSIMとUSIMカードを選択できるほか、すでに契約しているユーザーでも、店頭でeSIMへの切り替えが可能だ。

 同社では、対応機種として、iPhone 12/12 mini/12 Pro /12 Pro Max/11/11 Pro/11 Pro Max/XR/XS/XS Max/SE(第二世代)のほか、Google Pixel 5/4/4 XL/4a/4a(5G)などを挙げている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]