アマゾン、レーダーによる睡眠モニタリングでFCCの認可を取得

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月13日 10時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たに公開された米連邦通信委員会(FCC)の書類によると、Amazonは、何らかの睡眠トラッキングデバイスに取り組んでいるようだ。

Echo Show 10
Echo Show 10
提供:Chris Monroe/CNET

 FCCは米国時間7月9日付けの書簡で、Amazonが申請した「Radar Sensor」を認可した。これは「デバイスの設定や機能のタッチレス制御」および「3次元空間での動きを捉えることによる、非接触の睡眠追跡」を可能にするものだという。

 Bloombergが伝えているように、Amazonが6月に提出した申請書では、レーダー機能は「運動、言語、触覚に障害を持つ消費者に多大なメリット」をもたらすほか、睡眠をトラッキングして消費者の「睡眠衛生に対する意識と管理」を改善するのに役立つという、同社の構想を説明している。

 どのデバイスにこの機能が搭載され、Amazonはいつそれを市場に投入するつもりなのか(あるいは、投入するかどうか)は不明だ。FCCの書簡ではRadar Sensorについて、特定の用途では、Googleが「Pixel 4」スマートフォンのタッチレス制御に採用した「Soli」レーダーをFCCが評価した際の状況に似ているとしている。Soliチップは2021年の「Pixel 5」には搭載されなかったが、Googleは3月、睡眠モニタリングを目的にこのチップを「Nest Hub」に追加した。

 FCCの書簡によると、Radar Sensorを搭載するデバイスは「非携帯型」で「電源に接続されている場合のみ動作する」とのことで、これは同機能が新型「Echo」または「Echo Show」に搭載される可能性を示唆している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]