新型「iPad mini」、デザイン刷新で2021年秋発売か

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月13日 07時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが過去9カ月の間に「iPad」「iPad Air」「iPad Pro」の新モデルを投入したことを考えると、次は「iPad mini」が刷新される番だという予想は理にかなっている。そして、BloombergのMark Gurman記者によると、実際にそのとおりになりそうだという。同氏はニュースレターの中で、新しいiPad miniが2021年秋に「登場するはず」と伝えている。

iPad mini
提供:Óscar Gutiérrez/CNET

 改良された新型iPad miniは、2021年に発売されると長い間うわさされてきた。また信頼に足るサプライチェーンアナリストとして有名なMing-Chi Kuo氏は2020年に、iPad miniのアップデートが2021年上半期に計画されていると予想し、その後2021年5月には発売時期について2021年下半期に計画されていると述べていた。

 一方、BloombergのGurman氏は6月に、2021年版iPad miniが年内に発売されると報道。この新型モデルは現行モデルに比べてベゼルが狭くなるほか、ホームボタンがなくなる可能性もあるという。また、Kuo氏もGurman氏も、AppleがiPad Proを2022年に再度刷新する前に、iPad miniを2021年にアップデートする予定だと伝えている。

 iPadシリーズはいずれも、新型コロナウイルスのパンデミックの中で成功を収めた製品となっている。在宅勤務する人が増えたことと、iPadは携帯用のコンピューターとして設計されているという事実にもかかわらず、iPadの売り上げは70%以上増加した。

 iPad miniが最後にアップデートされたのは2019年で、当時は新しかった「A12」プロセッサーが搭載され、「Apple Pencil」のサポートが追加された。標準サイズのiPadにもその後、同じプロセッサーが搭載され、Apple Pencilのサポートが追加されている。

 なお、最も直近に刷新されたiPadはiPad Proシリーズで、5月には美しい新型ディスプレイと「M1」プロセッサーを搭載し、5Gをサポートする新機種が発売された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]