Halo、無人の配車サービスをラスベガスで開始へ--T-Mobileの5Gを活用

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月09日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無人運転技術を手掛けるHaloは米国時間7月8日、T-Mobileの5Gネットワークを活用した電気自動車(EV)の無人配車サービスをラスベガスで開始すると発表した。2021年内に提供を開始するという。

Haloの無人配車サービス
提供:Halo

 「無人」とはいうものの、HaloのEVは自動運転車ではなく、リモートでドライバーが車を制御するHalo独自の技術を採用している。ユーザーが指定した日時にリモート制御で車を届け、ユーザーが利用を終えるとまたリモート制御でHaloの車庫に戻すという仕組みだ。緊急時には自律的に急ブレーキをかけてくれるセキュリティシステムを搭載している。

 しかし、Haloの最終的な目標はリモート制御ではない。ドライバーによる制御の間、人工知能(AI)がそれを学習していくという。

 Haloの創設者で最高経営責任者(CEO)のAnand Nandakumar氏はプレスリリースで、「完全自動運転には技術、社会的信用の両面について大きな課題があり、これらはしばらく解消されないだろう」とした上で、以下のように述べた。「しかし、消費者にとって現在使いやすいソリューションからスタートし、時間とともに自動運転を実現するというやり方で、Haloはこれらの課題に対処する計画だ」

 Haloは公道で無人車を走らせる最初の企業というわけではない。Alphabet傘下のWaymoは2020年に無人運転車のサービスを開始しており、Uberも過去に公道で自動運転のテストを実施している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]