NFT生成・販売プラットフォーム「ユニマ」が開始--のんさんとのコラボ企画も

佐藤和也 (編集部)2021年07月07日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイルファクトリーは7月6日、子会社であるビットファクトリーとともに、トークン生成・販売プラットフォーム「ユニマ」(Uniqys マーケットプレイス)」)をリリース。アーティストののんさんとのコラボ企画「のんさん×NFT」などの新規プロジェクトもあわせて発表した。

 ユニマは、動画・アートなどデジタルデータをNFT化し、販売までをワンストップで行えるNFT生成・販売プラットフォーム。NFTの購入やアーティストへの売上還元などの全ての決済は日本円で行われ、暗号資産取引所の口座開設や暗号資産の購入をせずに、NFTの販売・購入が可能となっている。

 アーティストは、デジタルアイテムの元データをユニマ内でNFT化し、そのまま販売することができる。購入者および出品者への本人確認を導入予定としており、運営にあたっては、監督官庁や各分野専門家と協議を重ね、コンプライアンスへの配慮に努めるという。

 位置情報連動型ゲーム「駅メモ! Our Rails」内デジタルアセット「ステーションNFT」における、全ユーザー対象の初回オークションを、7月6~12日15時まで開催している。

 また、女優・創作あーちすととして活動している、のんさんとのコラボ企画として、のんさん制作のNFT作品をユニマで販売予定。なお、のんさんがNFT作品の販売によって得た利益は全額、岩手県や東北地方への寄付を予定。出品作品や販売日が決まり次第、ユニマ会員に先行して告知するという。

 今後、CHET GroupのNFTレーベル「Phenomenon+」所属アーティスト作品として「いがらしゆみこの世界」(デジタル原画+商品化権利)、「Buzz Magician Shin」(本人との共演・コラボ権)なども予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]