アクセンチュア、IMJを吸収合併へ--2021年10月1日付で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセンチュアは7月1日、同社のグループ企業であるアイ・エム・ジェイ(IMJ)を、アクセンチュアを存続会社として、2021年10月1日付で吸収合併すると発表した。

 IMJは、デジタルマーケティング領域で活動するマーケティング企業。1996年にデジタルハリウッドのコンテンツ事業部が独立して設立。以降、20年以上にわたってブランド強化に注力してきたという。

 2016年7月に、カルチュア・コンビニエンス・クラブが保有するIMJの株式の過半数を、ACCENTURE HOLDINGS B.V.に譲渡する形でアクセンチュアグループに参画。2017年12月には、ACCENTURE HOLDINGS B.V.の完全子会社となっていた。

 なお、IMJブランドはアクセンチュアとの合併後も存続するほか、サービス提供体制にも変更はないという。今後、両社の経営資源を統合することで、さらにシームレスな連携を図り、デジタルマーケティングおよび、そのオペレーション領域のサービスをより一層強化していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]