ポルシェとVodafoneなど、路上の危険をリアルタイム警告する5G車載システムを共同開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)傘下のPorscheと、位置情報サービスのHERE Technologies、通信技術を手がけるVodafone Groupは、自動車運転時に遭遇する危険な状況を、いち早くドライバーへ警告するシステムの開発に向け提携した。

カメラの映像から路上の危険を認識(出典:Porsche、HERE、Vodafone)
カメラの映像から路上の危険を認識(出典:Porsche、HERE、Vodafone)

 3社は、道路上の危険を認識する技術、精度の高い地図情報、5G通信技術を組み合わせ、危険をリアルタイムに知らせるシステムを開発する考え。このシステムは、自動車に搭載したカメラからの映像を解析して危険を認識すると、HEREのデータから正確な位置を割り出して警告する。前方が目視できないような道路状況でも、ほかのセンサーを活用して情報を得る。

ドライバーに警告(出典:Porsche、HERE、Vodafone)
ドライバーに警告(出典:Porsche、HERE、Vodafone)

 概念実証(PoC)用システムの検証は、オランダのアルデンホーフェンにあるVodafoneの研究施設で実施する。実証段階の調査を終えたら、実用化の可能性を探るため、ほかの施設で多種多様な環境のもと継続して実験していく。

まずPoCシステムを検証(出典:Porsche、HERE、Vodafone)
まずPoCシステムを検証(出典:Porsche、HERE、Vodafone)

システムの紹介ビデオ(出典:Vodafone/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]