LEGO、使用済みペットボトルからレゴブロックを試作--1リットルのボトルで「2×4」10個

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LEGO Groupは、ペットボトル由来のプラスチック樹脂を使い、「LEGO」ブロックを試作した。

使用済みペットボトルからレゴブロックを試作(出典:LEGO Group)
使用済みペットボトルからレゴブロックを試作(出典:LEGO Group)

 この試みは、持続可能性のある素材でLEGO製品を作るという活動の一環。リサイクル素材から同社の品質・安全基準を満たすブロックを製造したのは、これが初めてという。

 主な素材は、使用済みのポリエチレンテレフタレート(polyethylene terephthalate:PET)樹脂ボトル。品質に妥協せず、250種類以上のペット樹脂をその他プラスチックと組み合わせ、3年かけて数百種類の配合を試したそうだ。ちなみに、1リットルのペットボトル1本から、2×4サイズのLEGOブロックを10個作るのに必要な原材料が得られる。

ペット樹脂を配合した樹脂で作るブロック(出典:LEGO Group)
ペット樹脂を配合した樹脂で作るブロック(出典:LEGO Group)

 LEGOは、試験的な量産を目指し、今後も試験と改良に取り組む。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]