タブレットにないデジタルのよさを--FCCL、電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」

坂本純子 (編集部)2021年06月22日 14時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は6月22日、デジタルでメモがとれる電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」の新モデルを発表した。同日より予約受付を開始し、7月8日より発売する。

新「QUADERNO(クアデルノ)」
新「QUADERNO(クアデルノ)」

 同社のECサイトウェブマート価格はA5サイズの「FMVDP51」が4万9800円(税込)A4サイズの「FMVDP41」は6万9800円(税込)。

 クアデルノは、本物の紙とペンのような「書きやすさ」と「読みやすさ」にこだわった電子ペーパーだ。あえてカラー化せず、カメラやスピーカはつけないなど、紙とペンという文房具を追求し、ノート、スケジュール帳、PDFビューワーなどの機能を持つ。2018年のリリース以来、ビジネスからプライベートまでさまざまなシーンで使用されているという。

当初想定していたビジネスシーンだけでなく、さまざまな使われ方をしているという
当初想定していたビジネスシーンだけでなく、さまざまな使われ方をしているという

 開発を担当したFCCL コンシューマ事業本部 クアデルノ商品企画担当の松下季氏は、「紙のような書き心地、読み心地、感じ方のレベルまでこだわりぬいた製品」と自信を見せる。

A5サイズの「FMVDP51」は、ペンとカバー、本体をあわせて393g
A5サイズの「FMVDP51」は、ペンとカバー、本体をあわせて393g

 FCCLの最軽量PCのノウハウなどを生かし、従来比約45%の軽量化を実現した。ネイビーとベージュの2色がラインアップする。サイズと重さは、FMVDP51が幅約173.2mm×高さ242.5mm×奥行き5.9mmで約261g。FMVDP41が幅約222.8mm×高さ301.1mm×奥行き5.7mmで約368g。

開発を担当したFCCL コンシューマ事業本部 クアデルノ商品企画担当の松下季氏
開発を担当したFCCL コンシューマ事業本部 クアデルノ商品企画担当の松下季氏

 また新たにワコムのデジタイザ(EMR方式)を搭載することで、ペンのレイテンシーが約30%向上。曲線・斜め線もより滑らかに自然に書けるようになったほか、バッテリーレスペンとなったことで充電のストレスがなくなった。さらに、E Ink Japanの最新ディスプレイE Ink Carta 1250の採用。高コントラストになり見やすさが進化した。

 プロセッサー・メモリーのパワーアップにより反応速度が約20%向上したほか、32GB (使用可能領域:約22GB以上)のメモリーを搭載。従来比約2倍のノート約20万冊相当分が保存可能になった。このほかにもスタイラスペンのカスタマイズ対応、ドキュメント一覧をサムネイル(表紙画像)で表示できるなど、細かいユーザーインターフェースも向上させた。

ファイルもビジュアル化して見やすく
ファイルもビジュアル化して見やすく

 ドイツの人気筆記具メーカー「LAMY」とのコラボレーションにより、スタイリッシュな「ラミースタイラスペン」を新たにラインアップしている。

 FCCL 執行役員副社長/COOの竹田弘康氏は、「オフィスから紙をなくしたい。会議で配布する紙をなくしたい。手書きのノートをなくしたいという思いで開発した。環境問題に加え、情報のセキュリティも重要な課題のひとつ。リモートワークが当たり前の時代、カフェで仕事をするときや在宅でもゴミの問題など、紙は情報漏洩のリスクになる」と説明。

まずはFCCLの経営会議で活用をはじめたと明かしたFCCL 執行役員副社長/COOの竹田弘康氏。
まずはFCCLの経営会議で活用をはじめたと明かしたFCCL 執行役員副社長/COOの竹田弘康氏。

 まずは使ってみようとFCCLの経営会議で活用をはじめ、「役員の中にはもう後戻りできないという人もでてきている」という。「手書きの良さ、アナログのよさ、人が持っている本質的なニーズに対応し、パソコンやタブレットにないデジタルのよさを実現する。新しいクアデルノは2年半にわたって聞いてきた多くのユーザーの声、FCCLの思いがつまったもの」(竹田氏)と語った。

ユーザーからの要望にも応えた
ユーザーからの要望にも応えた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]