ソフトバンクら、次世代型スーパーの実験店舗を8月に大阪にオープン--品切れを自動検視

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクと食品スーパー大手の神戸物産は6月21日、8月に大阪府大阪市西成区にオープン予定の「業務スーパー天下茶屋駅前店」を、AIカメラやタブレットを搭載したショッピングカートなどを導入した次世代型スーパーの実験店舗にすると発表した。

 ソフトバンクが推進する「Beyond Carrier」戦略のうち、他社との共創によるデジタルトランスフォーメーションの取り組みの一環。小売業界が抱える人手不足の課題解決や新しい買い物体験の創出に貢献するとしている。

AIカメラを活用して、店員に品切れを知らせるシステム
AIカメラを活用して、店員に品切れを知らせるシステム

 店舗では、陳列棚の映像をAIカメラで解析し、商品の品切れを自動で検視して店員に知らせるシステムを導入する。これにより、商品を適切なタイミングで補充でき、業務量や人件費も削減できるメリットがある。

 また、店内に設置したカメラ映像をもとに、入店人数やレジを待っている人数、精算にかかる時間などをAIで分析し、曜日や時間帯ごとのレジの稼働台数や店員の配置判断などにも活用する。これにより、来店客は待ち時間の短縮が期待できる。

ショッピングカートに取り付けられたタブレット
ショッピングカートに取り付けられたタブレット

 さらに、来店客が使うショッピングカートに、バーコードで商品を読み取れるタブレット端末を設置する。商品をタブレットで読み取ってカートに入れることで、カート内の商品の金額や個数などをリストで把握できる。また、ソフトバンクの関連会社のヤフーが提供するビックデータと神戸物産の保有する実績データから、AIを活用したおすすめ商品や調理レシピなども表示する。

 このほか、ショッピングカートとレジを連携させることで、タブレットがセルフレジとして機能する。この機能を利用することで、来店客はレジに並ぶ必要がなくなるほか、店舗もレジ業務を担うスタッフを削減できる。

 「業務スーパー天下茶屋駅前店」は8月26日オープン予定、住所は大阪市西成区岸里1-3-4で、営業時間は午前9時~午後9時まで。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]